離乳食用の食器は必要ない?本当に使いやすい食器選びのポイントを解説!

離乳食用の食器は必要ない?本当に使いやすい食器選びのポイントを解説!

くまこ

こんにちは!保育士×小児科ママナースのくまこです!

離乳食開始の時期が近づいてくると…離乳食グッズをそろえたくなってしまいますよね?

とくに離乳食用の食器は、形やデザインも豊富にあり、ついウキウキして購入してしまいがち。

しかし、待ってください!

必要と思っているもの。じつは、必要ないかもしれませんよ!

私は正直言って、一般的な離乳食用の食器セットを使ってみて「いらなかったなぁ」と感じている一人です…

そんな私の失敗談を含めて、本当に使いやすい離乳食の食器選びについてお話していきます!!

 

  • 離乳食初期
  • 手づかみ食べの時期
  • スプーンの練習時期

くまこ

の時期別に解説していきますね!!

スポンサーリンク

一般的な離乳食食器セットは必要ないです。

わが家が産院のお祝いで頂いたのが「リッチェルのスヌーピー食器セット」

ポリプロピレンで赤ちゃんが投げても割れにくいし良さそうな感じがしちゃいますが…じつは軽すぎて赤ちゃんが持ち上げやすく、余計に投げてしまう原因になるんですよね…(のちに詳しくお話します。)

また、ベビー用品って可愛いデザインのものが多くて、ついウキウキ購入してしまいがちだけど…結局飽きがきてしまうし、使う時期が限られてしまう。

なので、ベビー限定の用品ではなく、長く使えるものを選ぶのが吉です!!

離乳食初期は大人用の小鉢で代用できる!

離乳食用の食器を買うのであれば、手づかみ食べやスプーンの練習時期に合わせて購入するのがおすすめです。

くまこ

焦って購入しない!お子さんの様子を見ながら「必要!!」と感じた時に購入するのが良いです。

とくに離乳食初期の頃は親が食べさせるため、わざわざ離乳食用の食器セットを購入する必要がないのです。

「使いやすいのは大人用の小鉢。」

大人用の小鉢に「IKEA 365+ ボウル10cm」を購入!

わが家は大人用の小鉢としても使えそうな「IKEA 365+ ボウル10cm」を購入しました!

これ ↓ ↓ 

 
このようにコンパクトに重ねられますし、飽きがこないシンプルなデザインがいい!!
 
薄すぎず、ゴツすぎない感じで、割れにくそうな陶器。
 
私の食器選びのポイントは?

  • シンプルなデザイン
  • 頑丈そうな陶器
  • かさばらない(収納に困らない)

くまこ

この3つだったので、この商品はヒットでした!!

子どもの手におさまりやすく持ちやすい、ちょうど良い大きさである点も気に入りました!!

直径9センチ×高さ6センチ(高さは5センチぐらいでも良いかも)

くまこ

このサイズぐらいの小鉢を探してみて!

(こんな感じで、9ヶ月頃には上手に持って、汁物が飲めるようになりました!)

 
 
 
こちらの商品はIKEAで購入すると2つで399円(税込)!!
 
このリーズナブルな価格も良いですね!
 
近くにIKEAがない方は楽天やAmazonでも取り扱いがありますが、価格はまぁまぁ上がります…(また、IKEAのネットストア購入は送料がかなり高いのでおすすめしません。)
 
 
 

くまこ

こんな感じで離乳食初期の頃は、子どもの手におさまる大きさの陶器の小鉢がおすすめですね!!

離乳食に代用できそうな小鉢は?

くまこ

離乳食に代用できそうなおしゃれ小鉢を3つ紹介します!自宅に小鉢があればそれで十分!もしなければ、離乳食後も大人が使用することを考えて選んでみて下さい。

美濃焼の小鉢。約9.4センチの大きさでちょうど良さそう!


余談…唯一使いやすかったのは「リッチェル トライシリーズ ND離乳食スタートカップ」

くまこ

唯一、離乳食用に買って良かったのがこれ!

ポリプロピレン素材で蓋をしたまま電子レンジで温められる。手のひらサイズで離乳食初期にはちょうど良い大きさ。離乳食初期の赤ちゃんの口にちょうど良い大きさのスプーンがついてる。スプーンはシリコンん素材なので、やわらかくて、赤ちゃんが不快なく食べられる。ぱちっと蓋が閉まるので、外出時のお弁当箱用に便利でした!

くまこ

買って良かった一番の理由は、外出時の持ち出し用に便利だったところですね。

でも、このあたりも本当に必要と感じた時で良いですね。

そもそもお出かけのときは、市販のレトルトの離乳食を使った方が夏場はとくに衛生的。2時間jほどのお出かけや冷蔵庫がある家へのお出かけの時に使用していた感じです。

ちなみにわが家はこちらのセットを購入してしまったのですが、ランチプレートは必要なかったですね。

なので、買うならカップとスプーン一つずつのセットを必要な個数購入するのがおすすめです。

離乳食後期!手づかみ食べの時期に食器はどうしたら良いの??

くまこ

次に手づかみ食べの時期にはどんな食器を準備したら良いのか??

手づかみ食べの時期になると問題になるのが…手で持ったり投げたりできるようになってくることです。

しかも、お皿の上はぐちゃぐちゃになる!!

くまこ

お皿を置いてもひっくり返されたり、お皿を落としたりとヒヤヒヤするんですよね…泣

「ポケット付きお食事マット」を活用!!

そこで、わが家では「ポケット付きお食事マット」を強いて、その上に直接食べ物を乗せていました!!!!(なんと斬新な!!笑)

敷いたらこんな感じ!!

日本パフ ポケット付きお食事マット 口コミ

このようなプレートとマットがくっついたグッズもあるのですが…

後々のことを考えると「ポケット付きお食事マット」を使う方が長く使えます!「ポケット付きお食事マット」は、ポケットが食べこぼしをキャッチしてくれますし、シリコン素材なので、マットの上にお皿を置くと滑り止めにもなってスプーンの練習時期には便利です!

こちらの記事で詳しく紹介してるので参考にしてみて下さい!↓

ポケット付きお食事マットはママの強い味方!!使用した感想・口コミをご紹介します!「ポケット付きお食事マット」はママの強い味方!!使用した感想・口コミをご紹介します!

プラスチック食器より陶器の方がひっくり返しにくい!!

そして、手づかみ食べが上手になり、食べることに集中できるようになってきた頃、お皿を置いてみることにしました!

くまこ

いつまでも、お皿がない状態では過ごせないのでね…汗

お皿に慣れることも大切ってことで。

そこで、考えたのが重さがある大きめの陶器のプレートを使うことでした!!

子どもの食器って割れないように、ついプラスチック素材のものを選びがち…

しかし、プラスチックだと軽いので、子どもが持ち上げやすく、ひっくり返したり、落としたりしやすいんですよね…

なのであえて、重くて、大きい陶器のお皿を選ぶという考え方もあります!

(自宅にあった陶器のプレートを使用しました!)

離乳食後期!スプーン食べの時期におすすめの食器は?

離乳食後期〜完了期ごろ。1~1歳半ごろになってくるとスプーン食べがはじまります!!

そんな時に大切なのも、先ほどお話した重さがある陶器の食器を選ぶことです。

スプーン食べの練習をはじめた頃は、まだ力加減がわからないため、スプーンですくおうとするときに、力が強すぎてお皿をひっくり返したり、お皿が動いてすくいにくい!ってことになりがちです。

スプーン食べの練習にも、軽いプラスチック素材のお皿は向きません…

スプーンの練習に向いたお皿は…

  • 重さのある陶器の食器
  • ある程度深さがある
  • 角がしっかりある

この3つのポイントを抑えた食器を選ぶと、スプーンですくいやすく、子どもも使いやすいためおすすめです。

くまこ

何ごとも「子どもが使いやすいものを選ぶ」ことは、とっても大切ですね。

スプーン食べの時期には、無印良品の「家族で使える食器シリーズ」が良かった!

そして、これら3つの条件を兼ね備えた食器が、無印良品の「家族で使える食器シリーズ」でした!!

こどもが自分で食べやすいよう、持ちやすく、すくいやすいかたちの器をつくりました。引用:無印良品

わが家は直径12センチの中サイズを購入!!価格も390円(税込)とかなりリーズナブルです!!

息子が3歳になった今。直径16センチの大サイズ(税込550円)もほしいなぁと検討中!!

ただ、無印良品の店舗によっては、取り扱っていないお店もあるのでご注意を!!

そのほか、スプーンの練習に使いやすい食器

割れにくい強化磁器であること。すくいやすいようにお皿のふちに引っかかりがある形状です。また、セットのスープマグも両手付きで良いですね!

こちらの商品は、14㎝・16.5㎝・19㎝・21㎝の4サイズあります。14センチサイズだけ裏にシリコンを塗って、滑り止め加工がされているため、子どもには14センチサイズが良いでしょう。(ただ、14センチサイズだけ食洗機・電子レンジNGです)

また、シンプルなデザインで長く使えるため、大人の分も合わせて揃えると食卓に並んだ時に統一感が出ます!サイズを変えて購入すると積み重ねられて、場所を取らないのも良いですね!

もちろん、おすすめポイントは、お皿のふちに引っかかりがある形状で、すくいやすいことです!価格も1000円前後で購入できてリーズナブル!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ユニバーサルプレート14cm(シリコン付き)(森正洋デザイン)
価格:880円(税込、送料別) (2020/4/29時点)

陶器のお皿ではないですが…

こぼしにくい・すべらない・すくいやすい子ども用食器として開発されたものもあります。

仕切りがついたタイプもありますね。

くまこ

こんな感じでお子さんの様子を見ながら、お子さんにとって本当に使いやすい食器を見つけてみてください。

スプーンの練習方法についてはこちらの記事に書いているので、参考にしてみて下さい。

スプーンの練習は頑張らなくて大丈夫! 自然に習得するために配慮すべき3つのこと。

まとめ

このように、一般的な離乳食用の食器セットは必要なかったなぁと感じたことから、本当に使いやすい食器選びのポイントを時期別にご紹介しました!

  • 離乳食初期は…大人用の小鉢で代用できる!
  • 離乳食後期(手づかみ食べの時期は)ポケット付きお食事マットを活用!
  • 離乳食後期②(手づかみ食べの時期)重くて大きい陶器のお皿を使う!
  • 離乳食完了期(スプーン食べの時期)重くて、深さと角がある、すくいやすい食器を選ぶ

くまこ

個人的には、デザインがシンプルで子どもが大きくなってからも長く使用できるものを選ぶのがオススメです!
 
スポンサーリンク