お食事エプロンを子どもが嫌がる!離乳食の時期別おすすめエプロンを教えて!

お食事エプロンを子どもが嫌がる!離乳食の時期別おすすめエプロンを教えて!

くまこ

こんにちは!保育士×小児科ママナースのくまこです!

「お食事エプロンを子どもが嫌がる!」

そんな悩みを持っているママって多いと思います…

じつは、私の友人もそんな悩みを持っていました…

子どもがエプロンをつけてくれなくて、食事の度に全身総着替え!床や机もぐちょぐちょで毎回掃除でクタクタ・・・・ご飯粒は乾燥するとこびりついて、なかなか取れないよね・・・

しかも、外食時もそのような状態だと…「子連れで外食なんて行けない!!」

ママにとって辛い状況です…

くまこ

今日はお子さんが「お食事エプロンをつけてくれなくて困っている!!」そんなママに向けて、今までの保育経験と子育て経験からお話します!
 

  • 子どもがなぜお食事エプロンを嫌がるのか?
  • お食事エプロンに慣れてもらうために大切なこと
  • 時期別!お食事エプロンの選び方
  • 時期別おすすめのお食事エプロン

についてお話していきます!!!

合わせて読みたい

子どもの食べこぼし対策!子どもの食べこぼし対策!この6つの方法でストレスが激減するよ!

スポンサーリンク

子どもがなぜお食事エプロンを嫌がるのか?

くまこ

まずは、子どもの気持ちになって考えてみます。
子どもがなぜお食事エプロンを嫌がるのか??

  • 首元にエプロンが当たって不快!!
  • エプロンがあると邪魔で手が使いにくい!
  • 慣れていない

などがあります。一度お子さんの様子を観察してみて「エプロンの何が嫌なのかな?」と考える。

そして、これらの原因を一つ一つ取り除いてあげる工夫が大切です、

お食事エプロンに慣れてもらうために大切なこと

では、お食事エプロンに慣れてもらうために、嫌がってもつけ続けていたら、つけてくれるようになるのか?

といわれると、それではダメです・・・

そもそも、嫌がっている所に無理矢理つけると「トラウマになってさらに嫌がる!」ってことになりかねません・・・

大切なのは…

  • 少しずつ慣らしていくこと!
  • そのためには時期別のその子に合ったお食事エプロンを選ぶこと

が大切なのです。

時期別!お食事エプロンの選び方

くまこ

それではお食事エプロンに「少しずつ慣れてもらう」ために大切な「時期別のお食事エプロン選び」について解説していきます!

「時期別のその子に合ったエプロンを選ぶ」といっても、何をどう選んで良いのかわからないですよね?

お食事エプロンには?

  • 布製
  • ビニール製
  • プラスチック製

の3タイプがあります。これらはメリット・デメリットがあるので、それらの特徴を踏まえた上で、その時期に合った素材のエプロンを使用することをおすすめします。

離乳食初期におすすめのエプロンは?

5〜6ヶ月ごろ(離乳食初期)は…

  • お座りがまだしっかりできない時期
  • この時期はママが抱っこして離乳食を食べさせることが多い

そんな時期に…以下のような硬いプラスチック素材のお食事エプロンを選んでしまうと…

ベビービョルン ソフトスタイ

赤ちゃんの体格に対して、お食事エプロンが大きすぎるため、抱っこをした時に、赤ちゃんの足やお腹がエプロンに当たって押し上げてしまい…

顎や首回りにエプロンが食い込んで、赤ちゃんは不快で仕方ない!!!!

こんなちょっとした事がお食事エプロンを嫌がる原因になるのです。いかにトラウマを作らないかが大切!

くまこ

不快なお食事エプロンのせいで食事に集中ができず、離乳食を嫌がってしまう原因にもなりかねないのです。

離乳食初期では、受け皿がしっかりあるプラスチック素材のお食事エプロンを使うのは、まだ早い時期だと言えます。

受け皿しっかりタイプのお食事エプロンは、手づかみ食べをする離乳食後期ごろに使用するのが一般的なため、割とサイズが大きめの作りです。

5〜6ヶ月ごろのお子さんに使用すると、大きすぎて結構邪魔なんですよね…

また、離乳食初期では、赤ちゃんが自分で食べることはなく、親が食べさせる時期であるため、食べこぼすこともそれほどありません。よって、わざわざ受け皿がしっかりしたプラスチックエプロンを使用する必要もないのです。よって…

5〜6ヶ月ごろ(離乳食初期)におすすめのエプロンは?

  • 防水の布製エプロン


おすすめの布製エプロンは?

洗濯機で洗えて、マジックテープが肩の部分にある布製エプロンがおすすめ!

マジックテープが首の後ろにあるタイプだと、お座りができない時期は抱っこをした時や背もたれ椅子に座った時にマジックテープが首に当たって痛かったり、傷ができやすいんですよね…

離乳食中期におすすめのエプロンは?

離乳食中期以降になってくると、2回食となってきます。

そうなると、エプロンを洗う手間が増えてくるんです!!

そんな時に布製のエプロンだと、洗って乾くまでに時間がかかるため、洗い替えを考えて最低でも3〜4枚必要になってきちゃいます…

よって、2回食になってきたら、ビニール製のエプロンを使用するのがおすすめですね。

さっと洗って干したり拭いて、また次の食事の時に同じエプロンを使用できるため、お食事エプロン1つで使いまわせちゃいます!!

わが家はこちらを愛用!!

ビニール製で扱いやすく、コンパクトに折りたためるため外出時にも便利!!ボタンを止めたら立体ポケットになるので、それなりに食べこぼしのキャッチ力はあります!!

プラスチック製の受け皿がっちりタイプのエプロンよりはゴツくないので、子どもの手の動きを邪魔せず、子どもの視界にも入りづらいので、がっちりエプロンよりは子どもの抵抗が少ないように思います。

色んなお食事エプロンを使用しましたが、なんだかんだでこれが一番使用している確率が高かったように思います。

ただ、ビニールの素材なので首回りがチクチクしやすいのが難点かな??わが家は首回りにガーゼを巻いてチクチクを防いでいました!次第に慣れてガーゼをしなくても着けてくれるようになりましたが…

ビニール製の折りたためるエプロン

ビニール製の折りたためるエプロン

ボタンを付けて立体的にすると、こんな感じで、受け皿ができます!

ボタンを付けて立体的にすると、こんな感じで、受け皿ができます!

こうやって折りたためます!

こうやって折りたためます!

首回りのチクチクが嫌がるなら、ウエットスーツの素材でできた「ビベッタのウルトラビブ」は使いやすいと思います!受け皿が立体になるため一般的な布製エプロンよりは食べこぼしのキャッチ力があり、素材がやわらかいため子どもも嫌がりにくい!!洗濯機で洗えて、乾燥機もOK!!

ちなみに、食べこぼし対策にわが家は「お食事エプロン」と「ポケット付きお食事マット」のダブル使いをしていました!!ダブル使いをする時に相性が良かったのが、上の折りたためるタイプのエプロンでした!

「ポケット付きお食事マット」はこんなやつね↓

こちらのレビュー記事の中で「ポケット付きお食事マット」と相性が良いエプロンについて紹介しています!こちらも参考にして頂ければと思います。

ポケット付きお食事マットはママの強い味方!!使用した感想・口コミをご紹介します!「ポケット付きお食事マット」はママの強い味方!!使用した感想・口コミをご紹介します!

スポンサーリンク

離乳食後期におすすめのエプロンは?

離乳食後期になってくると、いよいよ本格的に手づかみ食べが始まる時期となり、食べこぼしが多くなってくる時期になります。

くまこ

本格的にエプロンが必要になってくる時期ですね。

しかし、この時期から急にエプロンをつけるよりは、初期の頃から段階的にエプロンに慣れておいてもらう方が良いですね。

くまこ

自分の意志がはっきり出てくる前に、初期の頃から少しずつ慣らしていく方がスムーズにいきます!

もし、離乳食後期になって急にエプロンをつけ始めちゃったけど「嫌がる!!」という場合には、布製のエプロンから始めてみて下さい。

くまこ

「少しずつ慣らす」ことがポイントです。

さてさて、これまでちょっとずつ慣らしてきて、いよいよ本格的にお食事エプロンが必要!!となるこの離乳食後期には…

受け皿がしっかりタイプのプラスチック製のエプロンがおすすめです!

人気は「ベビービョルン」のエプロン!

この時期のお子さんの体に合ったサイズで、食べこぼしのキャッチ力は抜群!!お子さんの首の太さに合わせてサイズ調整しやすい作りになっています!!作りもしっかりしているので2人目3人目と使いまわすことができます!

どうしてもお食事エプロンを嫌がってつけてくれない時は…

くまこ

どうしてもお食事エプロンをつけてくれない場合は、先ほどご紹介した「ポケット付きお食事マット」で対応する!という手もあります。

その場合は、布製のエプロンで服の汚れを予防しつつ、食べこぼしのキャッチはお食事マットに頼る!と良いですね。

布製のエプロンでも嫌がる場合は、服のように着るタイプの布製エプロンだと抵抗は少ないかも?

嫌がっても諦めないで!!

いかがでしたか??

「お食事エプロンをつけてくれない!」とお悩みのママに向けて、時期別のおすすめエプロンをご紹介しながら、工夫点について解説しました。

お食事エプロン…はじめは、嫌がるかもしれません。

しかし「嫌がっても諦めないで!」と言いたいです。

くまこ

子どもって意外に順応性があるものです。

「食事をする時は、エプロンをつける。」とうい行為を繰り返すと、食事=エプロンと理解するようになってきます。

「ご飯だから、エプロンつけようねぇ」としっかり言葉がけすることも大切ですね。(言葉が理解出来ていないようで、赤ちゃんは結構聞いています。)

また、エプロンをつけてから、食事を出すようにしておくと「エプロンをつけるとご飯が出てくるんだ。」と理解するようになります。

そして、何よりダメなのが、エプロンをつけたりつけなかったりすること。毎回同じ行為を繰り返すことが大切なんです。

(毎回違うことをすると子どもは混乱してしまうんですよね…「今日はエプロンつけなくていいんだ。」ってね。)

だから、嫌がっても毎日「エプロンつけようか?」と試みて下さい。毎日のように嫌がっていても、ある日突然気分が変わってつけてくれるようになった!ってことも子育てには多いものですよ。

ポイントは…

  • 焦らず少しずつ慣らしていくこと
  • 早い時期(物心がつく前)から慣らしていくこと

くまこ

良かったら参考にしてみて下さい!
合わせて読みたい
 
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です