食べこぼし対策!この6つの方法でストレスが激減!

子どもの食べこぼし対策!

子どもが手づかみ食べをする時期になってくると、食べこぼしがひどくなり、掃除が大変になってきます。

くまこ

でも、手づかみ食べは大切だというし、できる限り、自由に手づかみ食べをさせてあげたい!

私自身、そう思って手づかみ食べに取り組んてきましたが、食べこぼしによる掃除の手間が増えると、やはり親も疲れてくるもの・・・💦

私の育児のポリシーは、「親も極力ストレスなく過ごすこと!」だったので、
「食べこぼしの対策ってないものだろうか」と、試行錯誤!!!

その結果、「食べこぼし対策」について、これだ!!!と思う成果が見れらたので、この情報をぜひ多くのママさんと共有したい!と思い、記事にしてみました。

くまこ

「食べこぼし対策!この6つの方法でストレスが激減!」ご覧下さい。

スポンサーリンク

①「ポケット付きお食事マット」は思ったより使える!

息子が手づかみ食べを始めた頃に、何か対策はないものかと、購入を考えたのが、「ポケット付きお食事マット」

でも、こんな物で対応できるものかと、はじめは半信半疑でした💦

くまこ

今まで「お食事マット」なんてものがあるなんて知らなかった💦

そこで、子持ちの友人数名から情報収集して、「これは使えるかも!」と確信!購入することに決めました!

購入した商品がこちら↓

 
実は、 スマートダイナー2 と、どちらの商品を購入するか悩みましたが、こちらの方が、価格が安く、Amazonで『ベストセラー』マークがついていたので、この商品に決定!
 

くまこ

Amazonの『ベストセラー』マークって、結構当たりが多くて、私はこれを信じて購入を決めることが多いです!
 
結果。
安い商品でも、問題なし!
受け皿がしっかりしていて、食べこぼしをしっかりとキャッチしてくれるので、かなり掃除の手間が減りました!
 
しかも、机の上の食べこぼしもマットのおかげで、机を何度も拭く手間が省け、ストレスがかなり減りました!
 

くまこ

マットを洗うだけで良いって、とってもラク!
 
 
そして、他のメーカーの口コミであった、「やぶれやすい」とか「洗いにくい」と言った問題もなく、むしろ安くても、この商品の方が良かったほど!
 
こちらの記事で詳しくレビューしています!
 
こんな感じで、今では、なくてはならない商品!
 
実家で食事をする際、持って行くのを忘れて、そわそわしたので、実家用にもう一つ購入したほどです!笑

②食器をひっくり返すストレスには、あえて食器を置かない

「お食事マット」の購入とともに、悩んでいたのが、お皿をひっくり返す予防策として、「吸盤付きのお皿」を購入するかどうか・・・

しかし、口コミを見ていても、結局吸盤ごと剥がしてしまうといった意見が多く、使えないかも・・・という結論に。

そこで、結局、しばらくの間、お皿を置かずに、お食事マットの上に直接食べ物を置くことにしました笑🤣

旦那や実家の母には、かなり驚かれましたが、食事の度に息子にあまりガミガミ言いたくなかったので、ストレスが少ない方法を選択!!

くまこ

でも、結果正解でした!

お食事マットは、毎回洗うので、直接食べ物を置いても、衛生的にも問題ないし、何よりお皿をひっくり返されるストレスから解放されるのは、親にも子どもにとっても良いことづくし!

そして、手づかみ食べが慣れてきた、1歳2ヶ月ごろに、そろそろお皿があることにも慣れてもらわないとと思い、陶器の重めの大皿を置くと、何の違和感もなく、黙々と食べてくれました!👍

お皿を置く時は、陶器のお皿を使用するのがポイントです♪
重たいと簡単に持ち上げられないので😁

食器選びについての記事で、このことにも触れています。
こちらも合わせて読んでみてください↓

離乳食用の食器は必要なかった!そう思う私の食器選びのポイントとは?

③お食事用エプロンはベビービョルンが最強!

お食事用エプロンでベビービョルンを使用しているママも多いと思いますが、かなりがっちりした作りなので、子どもが嫌がってつけてくれない!という悩みも多いと思います。

ですので、できればベビービョルンに慣れさせておくのがオススメ♪
 
お子さんがエプロンをつけるのを嫌がる!とお悩みのママにはこちらの記事も、合わせてお読みください↓
 
 

それでも、どうしてもベビービョルンを嫌がる場合は、こちらの商品もオススメです♪

このエプロンは、以前働いていた保育園で子どもたちに使用していたもの!

追記:お食事マットとお食事エプロンをダブルで使用するときは・・・

また、我が家では、先ほどご紹介した「お食事マット」「ベビービョルンのソフトスタイ」さらに冬場だったので、長袖の防水エプロンのトリプルで使用していたのですが・・・
 
ベビービョルンのソフトスタイの受け皿があまりにも大きすぎて、お食事マットの受け皿と喧嘩してしまい、結構邪魔💦
 
でも、手づかみ食べが激しい時期は特に、ポケット付きお食事マットとお食事エプロンをダブルでつけるのが私的にはおすすめなので。
 
お食事マットと一緒に使う場合は、下の2商品が相性が良いなぁと感じています。
 
 

④離乳食用の椅子は、拭きやすい物を選ぶ

我が家では、離乳食開始時、ベビーラックを使用していました。

こんなやつ↓

しかし、ラックのクッションを食事のたびに汚すので、その度に外して洗うのが面倒になり、食事用の椅子を新たに購入!!
 
リサイクルショップで1000円だったのを良いことに、あまり深く考えずにこちらを購入しました!
しかし、こちらの椅子は、シート部分が布製で、シートを取り外し出来ないタイプの商品だったので、汚れたら、お風呂場で丸ごとじゃぶじゃぶ洗うしかない!
 

くまこ

余計にめんどくさいことに!
 
同じように、机に取り付けるタイプの椅子で、シートを取り外して洗うことが出来る商品もあるのですが、机に取り付けるタイプの椅子は、シート部分が布製ということもあって、おしりが沈み込みやすいので、子どもの姿勢が悪くなる💦よって、色んな意味でおすすめしません!!!
 
よって、いろいろ試した結果、最終購入したのが、こちらの椅子です↓
いわゆるストッケ風のベビーチェアですね♪
ほんと、離乳食用の椅子は、拭きやすい素材の物を選ぶのが断然におすすめです!
 

 ⑤食事はこどもの前に、全て置かず、少しずつ小分けして置くようにする!

 

手づかみ食べの時期から、食事は献立内容全てを子どもの前に置いて、子どもが食べたいように食べさせてあげる方が良いと言う専門家もいますが・・・・

私は、せっかく作ったご飯をすぐにひっくり返されるのはさすがに受け入れられないと思い、食事は、2〜3口分置いて、食べたら、また2〜3口分置くようにしました。

くまこ

そうすると、汚れはだいぶマシに!!!

育児書は、自分が出来ると思った部分だけを取り入れるのも大事。絶対にこうしなければ!ってことはありません☺

その後、様子を見て、そろそろ全ての献立を置いてもいけるかな?と思ったタイミングで置くと、問題なくいけましたよ!!👍

⑥こびりついた食べ物の汚れには、「セスキ炭酸ソーダ水」で簡単お掃除♪

食べ物の汚れって、特に白ご飯などは、少し時間が経っただけでも、乾燥してこびりついて取れないってこと多くないですか??

そんな時には、我が家ではセスキ炭酸ソーダ水をスプレーして数分おいた後に、さっとひと拭き!!

くまこ

とってもラクにお掃除ができます!!
 
<セスキ炭酸ソーダ水スプレーの作り方>
・水500
・セスキ炭酸ソーダ小さじ1
 
をスプレーボトルに入れて、振りまぜるだけ!
セスキ炭酸ソーダは水で簡単に溶けます!
 
セスキ炭酸ソーダは、油汚れを溶かしてくれたり、たんぱく質を分解してくれるので、食べ物の汚れには持ってこいです!👍
 

まとめ

 

以上、6つの食べこぼし対策をご紹介しました☺

我が家では基本、グッズに頼り、よく聞く「床に新聞紙を敷く」といった対処は一切していません!それすらもめんどくさくて・・・笑💦

しかし、この6つの食べこぼし対策を取り入れることで、食事の後、フローリングは軽くティッシュで食べかすを拾う程度で大丈夫になりましたし、ダイニングテーブルは、ふきんで机を1〜2回で拭くだけで済むようになりました!(それまでは、机を拭いては、水道でふきんをゆすぐことを4〜5回繰り返していました💦)

これも、上記の対策のおかげかなと自負しております!👍

食べこぼし対策でお悩みの方がいたら、ぜひ参考にしてみて下さい♪

そして、食べこぼしの時期は、親にとってもかなりストレスにはなりますが、何よりこの時期は一時期のことと割り切って、適度に目をつぶるのも大事です☺

くまこ

あまりストレスを抱えず、子どもと楽しく食事できますように♪

スポンサーリンク

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。