子どものはじめてのお絵かきにおすすめ『ベビーコロール』を使用した感想とは?

息子の1歳健診の時、保健師さんに「そろそろお絵かきもさせてみて下さいね。」と言われ、クレヨン探しを始めた我が家。

我が家が選んだのは、『ベビーコロール』

小さい子どもさんの育児をするママさんの間では人気が高いクレヨンですね☺️

今回は、この『ベビーコロール』を使用した感想と、ベビーコロールの選び方についてもご紹介したいと思います!

くまこ

たかが「クレヨン」されど「クレヨン」!クレヨン選びは結構重要だった!

スポンサーリンク

「ベビーコロール」の特徴は?

持ちやすい

ベビーコロールは「子どもが初めて使うクレヨン」というコンセプトで作られたクレヨンなので、他のクレヨンと最も違った点が、

持ちやすいこと!

▲このように下の部分が丸くて握りやすい形をしています。

▲1歳の息子が握るとこんな感じ

▼他にもこのクレヨンを持たせたのですが、持ち方がわからないようで、お絵かきしようとせず、食べようとしたり、箱から出したり入れたり遊ぶだけで集中できず・・・・(まぁ、このクレヨンも後に活躍する日がくるのですが・・・)

その点、ベビーコロールはしっかり持って、はじめてお絵かきをさせた時も、上手になぐり描きできていました!

こんな感じで、ベビーコロールは小さい子どもが握りやすく持ちやすい形をしています!

折れにくい

小さい子どもはお絵かきをする時、まだまだ力加減がわからないので、クレヨンを折ってしまうことが結構あります・・・

その点、ベビーコロールは折れにくい!

この良さはすぐに実感しました!

息子さん。お絵かきを気に入って、楽しんでくれたのは良いのですが、
だんだんとテンションが上がって、カンカン!とクレヨンを画用紙に叩きつけるようにして点々を描き始めたのです!

しかし、楽しんでいるところに注意するのもなぁとヒヤヒヤしながら見守っていたのですが、しばらくすると「あれ?折れないぞ!」と安心して見守れるように!

くまこ

横から口出しせずに、自由にお絵かきさせてあげられるっていいなぁと実感♪

色が薄いが・・・

口コミでよく書かれていた意見が・・・色が薄い・・・・

その意見を見ていたからか、描かせてみると、思っていたより薄くないというのが私の感想。

こればかりは、人によって感じ方が違うとは思いますが、印象としては、クレヨンというよりは色鉛筆で描いたような発色です。

▼1歳の息子が初めて描いた時がこんな感じの薄さ

▼1ヶ月後がこちら

ちなみに、販売会社によると、ベビーコロールの発色が薄いのは、ふつうのクレヨンより硬めに作られているから。これは、折れにくく作られているので仕方のないことのようです💦

このベビーコロールの発色が薄い問題の解決策は、画用紙などの表面が粗い紙での使用がおすすめです❤️

ちょっとお値段が高めですが、わが家では始めの頃はこちらのスケッチブックを使用していました!やはり、表面がツルツルのコピー用紙とは発色が全然違いました!

汚れにくい

そして、ベビーコロールおすすめポイントの一つが汚れにくいこと!

一般的なクレヨンだと、お絵かきをした後は必ずと言って良いほど子どもの手にクレヨンの色がつくので、お絵かきをした後はしっかり手を洗わないといけません!

しかし、ベビーコロールはそんな心配はなく、いくらお絵かきさせても手につくことはありませんでした⭐️

もちろんお洋服を汚す心配もないので、親もとっても楽でありがたいです!万が一、お洋服を汚してしまったとしても、お洗濯でバッチリ落とすことができます👍

そして、子どもが描くと勢いで紙からはみ出て机に描いてしまったり、親が見ていないところで、壁や床に描いてしまったりということがあると思います。

しかし、ベビーコロールはテッシュで拭いただけですぐに落とすことができました

くまこ

※落ちない場合は、水拭きで大体は落とすことができますよ!

万が一、舐めてしまっても安全!

ベビーコロールは、科学的に安全な材料を選び抜いて使用しており、厳しい検査で信頼されている APマーク(無害マーク)を所有しています。
(APマークとは、ACMI(米国画材・工芸材料協会)により定められた評価基準に適合した、人体に対して害のない製品にのみ付与されるマーク)

だから、万が一、子どもが舐めてしまっても大丈夫!

▼また、ベビーコロールの中は空洞になっています

これは、万が一、飲み込んでしまった場合でも、空気が通るためのどを詰まらせる危険を減らすための設計!

くまこ

様々な面から安全に配慮されているのは嬉しいポイントですね♪

使用した結論は?

このように、ベビーコロールは、小さなお子様がはじめてお絵かきするのにおすすめのクレヨンです❤️

ただ、ポイントとしては、は・じ・め・てのクレヨン❤️ということ。

よって、お絵かきに慣れてきたら、他のクレヨンに変更するのがベストと考えています☺️

ベビーコロールの選び方は?

そこで、もし購入を考えている場合、注意してほしいことがあります!

それは、ベビーコロールには種類があるということ!

商品によっては、パステルカラーの物もあり、先ほど述べた、ベビーコロールの発色が他のクレヨンに比べて薄いという問題が、パステルカラーの商品を選ぶとさらに薄くなってしまうので、選ぶ際に、注意が必要です💡

ベビーコロールの種類

ベビーコロールの種類は以下の7種類

  • ベビーコロールベーシック・アソート6色
  • ベビーコロールベーシックアソート12色
  • ベビーコロールベーシック・アソート15色
  • パステルアソート6色
    上記の商品は15色以外は青色がありません。
    また、パステル系の色が多いです。


  • ベビーコロール12color
  • ベビーコロール6color
  • スイート6色
    ベーシックアソートに比べて、濃い色が中心です。

ベーシックアソートシリーズ

くまこ

こちら4つがパステルカラーが入った商品です

ベビーコロールシリーズ

くまこ

こちらのシリーズの方が発色が濃いので、購入するならベビーコロールシリーズがおすすめ❤️

わが家が購入したのは?

ベビーコロール6colorです!

▼カラーは、赤・青・黄色・橙色・緑・黒です
 
▼透明のケースに入っていましたが、子どもが出し入れしやすいように小さなタッパーに入れてお片づけしています。
 

どこで購入するのが良い?

お店で購入する場合、希望の種類がない場合があるので、ネットで購入するのが断然オススメです!

くまこ

店舗だとだいたい全てのシリーズは置いていません💦
 
しかも、Amazonだと店舗で購入するより安い!わが家もAmazonで購入しましたよ☺️
 
楽天だと、送料が高くついてしまうので、これぐらいの安い商品ならやはりAmazonですね!
 
我が家は、Amazonプライム会員なので送料もかからず、600円ほどで購入できました👍
 

まとめ

以上!ベビーコロールについてご紹介しました!

私の考えですが、ベビーコロールは、はじめてのお絵かきクレヨンなので、お絵かきに興味を持ってもらうための第一ステップとして使用するクレヨンだなぁという印象。

だから、はじめてのクレヨンに購入して良かったと思える商品でした❤️

ただ、何度もお話したように、お絵かきに慣れてきたら、スティック型の発色が濃いクレヨンを新たに購入するのがオススメですね♪

くまこ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!お子さんのはじめてのクレヨン選びの参考になれば幸いです!

スポンサーリンク