0歳の赤ちゃんにはじめて選ぶおすすめの絵本は??

過去の記事で子どもの年齢に合った絵本を選ばなければ、子どもは内容を理解出来ず、逆に絵本に興味を持ってくれなくなるよといったお話をしました。

子どもを絵本好きにするコツ 我が家の実践編

 

せっかく、子どものために絵本を購入するのであれば、興味を持ってもらえるものを選びたいですよね??
でも、何をどう選んで良いのかわからないという方も多いと思います。

 

私は、仕事の関係上、たくさんの絵本に触れ合ってきました。そして、天井まである大きな本棚に憧れたぐらい、私自身も子どもの頃から、読書が大好きです。

 

そんな私、我が子を産み、さらに絵本選びも真剣になりました!

 

そこで、今回は、そんな絵本大好きママがおすすめする絵本を厳選してご紹介します♪

 

初回は、歳の赤ちゃんにはじめて選ぶ絵本についてです。

はじめてをポイントにしています。
まだ絵本の世界を知らない赤ちゃん。
絵本に興味を持ってもらう第一歩という目線で選びました。

絵本に慣れて来た頃の、次の段階のオススメ絵本については、また次回ご紹介します。

スポンサーリンク

赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつから??

まずは、「赤ちゃんの絵本の読み聞かせはいつからしたら良いか??」の疑問にお答えすると。

 

その答えは・・・・

 

正直に言って、いつからでも大丈夫!

 

読み聞かせは、生まれてすぐからする人もいますし、1歳近くになってから始める人もいます。
さらには、赤ちゃんがお腹にいる時からっていう人もいますよね??

 

何が正しいとかはありません。
ママが「読んであげたいな」と思ったその時がタイミングです!

 

私自身は「読み聞かせした方が良いよね??」と思いながら、反応がない我が子にひたすら絵本の読み聞かせをする気になれず、ズルズル先延ばしにして、読み聞かせを始めたのは、5ヶ月に入った頃でした。

 

きっかけは、自治体の「ブックスタート」という事業で、絵本を2冊プレゼントして頂いたのを機に、読み聞かせを始めました。

 

 

ただ、先ほど、いつからでも大丈夫と言いましたが、できれば、言葉を理解し始める1歳頃には絵本の読み聞かせを始めて欲しいと思います。


早くから読み聞かせを習慣づけることで、絵本がある環境が当たり前になるので、子どもも自然と絵本に興味を持つようになります。

また、読書の習慣がつくことで、集中力がつき、勉強への関心も高まるという効果があるので、読み聞かせをしていて悪いことは何一つありません。

 

1日5分でも大丈夫!
継続することが大切です。

 

ただし、忙しくて、なかなか読んであげる時間がないというママも多いと思います。
その場合は、寝る前の読み聞かせがおすすめですよ♪

 

「子どもを絵本好きにしたい!」
「読み聞かせするときに大切なことって何なの?」
とお悩みの方は、こちらの記事も読んでみてください↓

子どもを絵本好きにするコツ 我が家の実践編

また、こちらの本もおすすめです!
「読み聞かせがなぜ大切なのか」「読み聞かせのコツ」「年齢別おすすめの絵本」などが書かれています。↓

元から読書の大切さを感じていた私ですが、こちらの本を読んで、さらに読み聞かせの大切さを再確認しました。
親が子どものためにと思ってしていることが本当に正しいのかわからなくなった時は、このように本を読んで、再確認することで、自信を持って育児することができるようになることがあります♪

おすすめの絵本は??

それでは、ここからは、おすすめの絵本をご紹介していきたいと思います!

もいもい(赤ちゃん学絵本)

 実は、我が息子。
絵本は好きなのですが、読み慣れた絵本は集中して聞くものの、はじめて読む絵本はじっと座って聞いてくれません。
何度も繰り返し読み続けて、やっと興味を持つようになってくれるのですが、この絵本だけは、1回目にして、ものすごい集中力で見ていました!
しかも、何度も読んで欲しそうに絵本を持ってきて、興味津々でした♪
 
 
この絵本を知ったのは、息子が1歳になったばかりの頃だったのですが、口コミを見ていると、「3ヶ月の頃からよく見ていた」という意見も多く、小さい赤ちゃんでも興味を引くみたいですよ。
 
お値段は、まぁまぁ高めですが、それだけの価値がある絵本だと思います。
 
という絵本もあり、こちらも合わせておすすめです♪
 

しましまぐるぐる

 

「しましま模様」と「ぐるぐるうずまき」のイラストで作られた絵本です。
赤ちゃんが認識しやすい、はっきりした色合いで構成されています。
大人が読むと何が面白いの??と感じるかもしれませんが、
子どもにとったら、目をひくイラストのようです。

子どもが興味を引くものって、大人の視点では理解できないことがたくさんですね。
 
息子は、他の絵本にはなかなか興味を示さなかったのに、この絵本をきっかけに、集中して絵本を見るようなりました!
 
5ヶ月頃から読み始め、1歳になった今でも毎日飽きずに聞いてくれています。
 
も合わせて、おすすめです♡
 

ぴょーん

「かえるが・・・ぴょーん」「こねこが・・・ぴょーん」と、ひたすら色んな生き物が飛ぶ姿が描かれた絵本です。
「ぴょーん」という言葉の響き、次のページに変わると同じ生き物が飛ぶ姿に変わるという変化。そして、同じフレーズの繰り返し、というのが、子どもにはウケるようです。
 
2・3歳の子どもでも大好きな子が多く、長期間楽しめる絵本です♡
 

いないいないばぁ(あかちゃんのあそびえほん)

 
生後5〜6ヶ月になると、赤ちゃんは記憶する機能が発達してきて、次に起こる展開を予測出来るようになってきます。
いないいないばぁ遊びはその期待感が面白いようです。
そして、この絵本は色んな動物がいないいないばぁと繰り返していくのですが、この繰り返しっていうのも、赤ちゃんは大好きなんですよね。
 
長年愛され続けている絵本だけのことはありますね。
 

いないいないばぁ 

実は、知らない方もいるかもしれませんが、この絵本には歌があるんです♪♪
 
私はこの歌が大好きで、今回選出しました。
 
歌を歌いながら絵本を見せるのも、赤ちゃんの興味を引きオススメです。
 
実は、著書の松谷みよ子さんの絵本は、
この他にもいいおかお (松谷みよ子 あかちゃんの本)、のせて のせて (松谷みよ子 あかちゃんの本)など何冊かあるのですが、それらの絵本全てに歌があり、その歌がCDになった商品が販売されています。↓
 

以上、赤ちゃんがはじめて読むおすすめの絵本を厳選してご紹介しました。

これらの絵本は全て、息子も大好きな絵本です♪♪

今回ご紹介した絵本を参考に、みなさんの赤ちゃんが気にいる一冊が見つかることを願っています♡

そして、今回は、はじめて読む絵本をご紹介しましたが、次回は、絵本に慣れて来た頃の、次の段階のおすすめ絵本についてご紹介したいと思います♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です