【離乳食】軟飯はいつから食べられるの?ズボラ主婦がご紹介!簡単!軟飯の作り方について

こんにちは、くまこ(@kumako201709)です☺

子どもの離乳食。

「軟飯」を食べられるようになると、ぐっと楽になってきますよね?☺

軟飯になると、一口おにぎりを作りやすくなるので、私は「手づかみ食べをさせたいし、早く軟飯に進んで欲しいなぁ」という思いでいっぱいでした。

くまこ

手づかみ食べが出来るようになると、子どもが自分で食べてくれている間に、親も食事をとることができますしね!

息子は、離乳食をよく食べてくれる方だし、5倍粥だとあまり口を動かさずにすぐに飲み込んでしまうのが気になっていたので、そろそろ軟飯にしてみようかな??と思ったのが、10ヶ月後半に入った頃でした。

そこで、今回は、軟飯についてまとめてみました!

くまこ

長々と書くと、わかりにくいので、時間がない人でもすぐん読めるように、簡単に短くまとめていますので、ご覧ください♪

スポンサーリンク

軟飯はいつから??

離乳食後期の後半〜完了期前半(だいたい11ヶ月〜12ヶ月頃)からです。

ちなみに息子は、10ヶ月後半で開始しました!
理由は、5倍粥を丸呑みし始めたためです!

ですので、時期は目安として、子どもの様子を見て決めるのが良いですね。

離乳食の形態を変えた途端に、便の状態が変わることもあるけど・・・・

実は、息子は軟飯に変更した途端に、便が硬くなってしまいました💦

でも、とりあえず毎日は出ていたので、5倍粥に戻さず、そのまま様子を見ることに・・・

すると数日後にはすぐに普通の便に戻りました👍

離乳食の形態を変えると、便が硬くなることなることもありますが、お腹がまだ慣れていないだけかもしれないので、食事の水分が減った分、お茶など他の水分をいつもより多く飲ませるようにするなどして、数日様子を見ると良いでしょう!

下痢が何日も続いていない限りは、特に問題がないことが多いです。

軟飯の作り方 電子レンジ編

これは、お米からではなく、炊いたご飯から軟飯を作る方法です。

毎日ご飯を炊く習慣がある家庭にはオススメです♪

この方法が一番簡単で、わが家もこの方法で作っていました☺

<材料> ご飯150グラム 水150cc
<作り方> 耐熱容器にご飯と水を入れて、軽くほぐし、500w3分→200w5分→蓋をして5分蒸らせば完成!!ラップはいりません

これで、だいたい離乳食3回分の軟飯が出来上がります。3等分にして、冷蔵庫に保存したら、1日分の軟飯が出来ます!(1回量およそ80〜85g)

私は、大量に作って、冷凍保存する方がめんどくさくて、この方法をとっていました🤣

軟飯の作り方 炊飯器編

毎日ご飯を炊く習慣がない家庭や、大量に冷凍保存しておく方がラク!と感じる方にオススメの方法です!

軟飯3倍粥になりますので、お米の量に対して、3倍のお水で炊く。
(例:お米2分の1カップにお水300cc)
5倍粥までは、おかゆモードで炊きますが、軟飯からは、普通の炊飯モードで炊いて大丈夫。

ちなみに、お米から作る軟飯の方がやはり美味しいようです。
息子ちゃんごめんなさい・・・💦

軟飯の作り方 お鍋編

上記の二つの方法も選ばない方は・・・

お鍋を中火にかけ、沸騰してから10分煮る。(吹きこぼれないように火加減に注意)
柔らかくなってきたら、蓋をして10分蒸らして完成です

冷凍保存するときの注意点

冷凍保存するときは、ラップなどで包む前に、しっかり冷ましてから包みましょう

そうしないと、べちゃっとしたご飯になってしまって、手づかみ食べするためのおにぎりが作りづらくなりますし、もちもちしすぎて、赤ちゃんが飲み込みにくくなります💦

まとめ

以上、軟飯の作り方、電子レンジ編・炊飯器編・鍋編に分けて簡単に説明させていただきました。

くまこ

ぜひ、試してみてください♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です