食事用エプロンを子どもが嫌がる!エプロンをつけてくれるようになるコツは?オススメのエプロンは?

「食事用エプロンを子どもが嫌がる!」

そんな悩みをお持ちのママ、いると思います・・・

私の友人もそんな悩みを持っていました。子どもが、エプロンをつけてくれなくて、食事の度に全身総着替え!
床や机もぐちょぐちょで毎回掃除でクタクタ・・・・しかも、ご飯粒は乾燥するとこびりついて、なかなか取れない・・・

そして、家の中での食事であれば、まだ良いのですが、外食の時もそのような状態だと、外食の度に、ヒヤヒヤして、お出かけが億劫になってしまいますよね・・・

そんな友人の話を聞いて、「息子にはなんとしてでもエプロンをつけていただきたい!」と思った私は、これまでの保育経験や知識を駆使して、試行錯誤。

結果、息子は、今では食事の前になるとエプロンをつけてくれるのを待つようになりました!

そこで、今回は「食事用エプロンを嫌がるこどもに対して、エプロンをつけてくれるようになるコツについて」

くまこ

保育経験者くまこが語りたいと思います!

スポンサーリンク

子どもはなぜエプロンを嫌がる??

まずは、なぜ子どもはエプロンを嫌がるのでしょうか??

それは、

・ 首元にエプロンが当たって、不快。

エプロンがあると邪魔で手が使いにくい。

・慣れていない

最後のこれが、「慣れていない」というのが一番大きいと思います・・・

慣れさせると良いのか??

では、慣れさせると良いのか?
慣れさせるために、嫌がってもつけ続けていたら、つけてくれるようになるのか??

と言われると、それでは、ダメですね・・・

そもそも、嫌がっている所に無理矢理つけるとトラウマになって、さらに嫌がる!ってことになりかねません・・・

大事なのは、少しずつ慣らしていくこと。

そして、時期別にその子に合ったエプロンを選ぶこと!!が大事です。

時期別!子どもの食事用エプロンの選び方

「時期別にその子に合ったエプロンを選ぶ」といっても、何をどう選んで良いのかわからない方もいると思います。

離乳食用のエプロンには、布製のもの、ビニール製のもの、プラスチックのように硬めの素材のもの、たくさん種類があって、初めての子どもを持つママは特に何を選んだら良いのか、全くわかりませんよね??

ですので、ここでは、時期別におすすめのエプロンをご紹介したいと思います!

5〜6ヶ月(離乳食初期)

離乳食初期の5−6ヶ月の時期は、多くの赤ちゃんがまだ、お座りがしっかりできない時期だと思います。この時期は、お母さんが抱っこして、離乳食を食べさせることも多いと思います。
そのような時期に、

ベビービョルン ソフトスタイ

このような硬めの素材の物を選んでしまうと、赤ちゃんのあごや首回りにエプロンが当たって、赤ちゃんが不快でしかありません!

くまこ

そのせいで、食事に集中できず、食べることを嫌がってしまうことにもなりかねません・・・

たとえ、ベビーラックのような椅子に座らせて食事をあげたとしても、お座りがしっかり出来ないうちは、赤ちゃんが前かがみになってしまい、同じことになります。

また、5〜6ヶ月でも成長が早くて、すでにしっかりお座りが出来る子もいると思います。
その場合は、体の大きさとエプロンの大きさが合っているか、確認しましょう!

エプロンが大きすぎて、座った時に、エプロンの下の部分が膝に当たってしまう場合は、首にエプロンの襟部分が当たって食い込んでしまうことになるため、このタイプのエプロンを使用するには、まだ早いと言えます。

それに、離乳食初期の頃は、親が食べさせる時期ですので、食べこぼすこともそれほどありません。ですので、わざわざ受け皿がしっかりしたエプロンを使用する必要もありません・・・

よって、5〜6ヶ月(離乳食初期)の時期におすすめのエプロンは、防水タイプの布製エプロンです!

布製防水エプロン

布製防水エプロン

 

ちなみに、もう1種類持っているのですが、個人的にはこちらのタイプが好みです。

防水布エプロン袖紐付き

防水布エプロン袖紐付き

このように袖紐が付いています!

このように袖紐が付いています!

どちらを選ぶかは、好みによりますが、袖紐が付いているタイプだと、子どもがエプロンをめくり上げようとしても肩部分で止まりますし、エプロンが回転することもありません
(よだれかけに多いですが、子どもが顔の向きを変えるたびに、よだれかけがどんどん回転して、後ろに回り、マント状態になるという経験は、多くのママにあるあるだと思います笑)

7ヶ月以降(離乳食中期以降)

7ヶ月以降、離乳食が2回食になってくると、少しずつプラスチックもしくはシリコン製の受け皿がしっかりしたタイプのエプロンを試すと良いです!

離乳食が1日1回だけだった初期の頃は、洗い替えを考えて、エプロンが2枚あれば大丈夫だったのが、2回食になってくると、布製のエプロンだと洗い替えを考えて、最低4枚必要になってきます・・・

そうなると、不便になってきますし、少しずつ固形のものを食べ始める、中期以降は、受け皿がしっかりしたエプロンを使用した方が、食べこぼしをしっかりキャッチできます!

正直、手づかみ食べが始まる、離乳食後期まではそこまで食べ散らかすことは少ないのですが、自分の意志がはっきり出てくる前に、この頃から少しずつ慣らしていく方が、スムーズにいくんですよね♪

ちなみに、わが家は、この時期に、ビニール製のこんなエプロンを試してみました。

ビニール製の折りたためるエプロン

ビニール製の折りたためるエプロン

ボタンを付けて立体的にすると、こんな感じで、受け皿ができます!

ボタンを付けて立体的にすると、こんな感じで、受け皿ができます!

こうやって折りたためます!

こうやって折りたためます!

洗って乾かせば、次の食事でまた使えるし、外出時にも持っていけるから便利かと思い、購入したのですが、これは息子が嫌がり、しかも首にチクチク当たって痒かったのか、首回りが赤くなってしまったので、しばらくして、使用をやめました・・・

<2018年3月追記>

手づかみ食べの時期に、食べこぼし対策として、お食事マットを購入したのですが、お食事マットとベビービョルンのソフトスタイは相性が悪く、お互いが邪魔をしてしまうので、お食事マットを使用し始めた、1歳前ぐらいからはこの嫌がっていた折りたたみのエプロンを使用しています。この頃には全く嫌がらなくなっていました。

だから、結局、持ち運びにも便利だし、重宝しています!

手づかみ食べの時期に使用していたお食事マットについてはこちらの記事で書いています。

子どもの食べこぼし対策!食べこぼし対策!この6つの方法でストレスが激減!

このように、折りたたみのエプロンを嫌がっているうちに、お座りもしっかりしてきて、

ベビービョルンのソフトスタイを使用するようになりました!

はじめは、わが息子も嫌がりました!!

ベビービョルンのソフトスタイに変更した当初は、息子も嫌がって食事中に何度も取ろうと、エプロンを引っ張っていましたが、首回りにガーゼを挟んで、首当たりを和らげるように工夫すると、徐々に慣れ、気付くと嫌がらなくなっていました。

嫌がる時は、このようにガーゼを挟むなどして、嫌がる原因を少しでも除去してあげる工夫を考えてみてくださいね

嫌がっても、諦めないで!!

はじめは、確かに嫌がるかもしれません。

しかし、「一度嫌がったからと、諦めないで!」と言いたいです。

くまこ

子どもって意外に順応性があるものですよ♪

食事をする時は、エプロンをつける。とうい行為を繰り返すと、食事=エプロンと理解するようになってきます。

「ご飯だから、エプロンつけようねぇ」としっかり言葉がけすることも大事ですね。言葉が理解出来ていないようで、赤ちゃんは結構聞いています♪

また、エプロンをつけてから、食事を出すようにしておくと、エプロンをつけるとご飯が出てくるんだ。という思考になってくるので、子どもも理解できるようになってきます♪

そして、何よりダメなのが、エプロンをつけたりつけなかったりすること。

毎回同じ行為を繰り返すことが大事。毎回違うことをしていると子どもは混乱してしまうんですよね・・・

嫌がったらつけなくても良いんだ!と子どもがなってしまうことも・・・

しかし、子どもが嫌がると、親は可哀想に思ってしまい、親も慣れるまでめげそうになっちゃうかもしれませんが、先のことを考えると、エプロンをつけてくれるようになっていた方が子どもにとっても良いと思い、ここが踏ん張りどきです!将来、食べこぼしを気にして、ついつい子どもに小言を言ってしまうってことにならないためにもね。

そして、何より早い時期から慣らしていくことが、子どもがエプロンをつけてくれるようになるコツです。

生後10ヶ月にもなると、意志がはっきりしてきて、激しく抵抗されるかもしれませんので・・・

もし、今エプロンをつけてくれなくて悩んでいるママさんがいたら、まずは布製のエプロンをつけることから慣らしてみてはいかがでしょうか??

くまこ

少しずつ少しずつ進めていきましょ♪

おすすめのエプロンは??

ベビービョルン ソフトスタイ

やはり、一番のオススメはベビービョルンのソフトスタイです!

ベビービョルンを嫌がる子には、こちらがおすすめ。

また、先ほどお話したように、わが家では、食べこぼし対策として、ポケット付きのお食事マットも使用しているのですが
また、どうしてもエプロンをつけてくれない場合には、このお食事マットもオススメですよ♪
娘がエプロンをつけれくれないとなげいていた友人は、「これがなければやっていけなかった!」と言っていました!
 

子どもがエプロンを嫌がる!とお悩みのママ。これから、離乳食を開始するというママさんの参考になれば嬉しいです♪

くまこ

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
 
スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です