ねんねトレーニングでママも赤ちゃんも笑顔に♡我が家の成功例を元にご説明します!

ブログを始めてから、ずっと書きたかったこと。

赤ちゃんのお世話で大変なことベスト3に入るであろう、赤ちゃんの『睡眠』について。

 

赤ちゃんが寝てくれなくて、ママもぐったり・・・
ストレスが溜まって、笑顔で子供と関われないってことありませんか??

睡眠不足で疲れてくると、ママから笑顔が消えてしまうのは当然のことです。

私自身も、息子が小さい頃は、寝かしつけに苦労して、よくイライラしていました😭

 

そんな時に、ねんねトレーニングをしようと決意したのです‼️

 

保育園や乳児院の看護師として働いてきた私は、「寝ない赤ちゃんはいない!しっかり習慣づけていけば、子どもはちゃんと寝てくれるようになる!」という変な自信があったんですよね😝

しかし、ねんねトレーニングって聞くと、人によっては赤ちゃんを1人で寝かせて、泣かせておくといった悪いイメージを持っている方もいるかもしれません。

海外では、赤ちゃんを別室で1人寝かせる方法を取っている国もありますが、私が実施した、ねんねトレーニングは、添い寝が基本。

寝かしつけ方法に、添い乳をしない方針のため、一時的に赤ちゃんが大泣きしてしまうことはありますが、その代わりに出来る限り赤ちゃんが安心できる寝かしつけの方法を見つけ、赤ちゃんが安眠できるようにするというものでした。

その結果、息子も夜中ぐっすり寝てくれるようになり、お昼寝の習慣もついたので、終始ご機嫌♡
そして、ママもご機嫌♡
親子で笑顔いっぱいです♡

我が家のねんねトレーニングは、良いことづくしでした😊

そんな、我が家のねんねトレーニングの様子をポイントを押さえながら、詳しくお伝えしていこうと思います。

1回では、きっと説明出来ないと思いますので、時期別に何回かに分けて説明していこうと思います。

スポンサーリンク

ねんねトレーニングをしようと思ったきっかけ

息子が、2ヶ月に入って少しした頃。

夜の寝かしつけの際に、おっぱいを1時間以上吸い続けても寝ず、おかげで乳首に白斑ができ、乳腺炎になりかけるという出来事が‼️

その後、寝かしつけ方法を抱っこに変えるも・・・

抱っこ紐に入れて、30分以上スクワットで寝かしつけることが毎日のように続いていました💦

「これから、どんどん重たくなってくるのに、この寝かしつけ方法では無理が来る!」

寝かしつけ&睡眠について考えるきっかけになりました。

実は、この頃はまだ生活リズムを整えることを考えていない時期で、息子が寝たい時に寝かせていたため、朝は10時ぐらいまで寝かせておくこともありましたし、夜も寝るのは、22時とか23時💦

実は、このことがダメだったようです。

また、この頃、お昼寝も上手に寝れなくて,ぐずる日が増えてきていました。
今まではおっぱいをすると自然と寝てくれていたのに、この時期になると、寝かしつけが必要になってくる時期でもあるみたいです💦
そんなある日、腕枕をしながら添い寝でじっくり寝かせようと試みると2時間以上寝てくれたのです!
こんな長時間寝ることが珍しかったので、やはり決まった時間にお昼寝をする習慣をつけた方が良いのかなと思うきっかけになりました。

そこで、インターネットで調べて出会ったのが、ねんねトレーニング

初めは、インターネットでねんねトレーニングについて調べ、対応してきたのですが、それだけでは十分とはいえず、最終的には、ある本を購入し、ねんねトレーニングを進めてきました。

赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド

ねんねトレーニングというと、ジーナ式が有名ですが。

ジーナ式とは、イギリスの王室や上流階級で乳母として働いてきた女性が、提唱する育児方法です。その育児方法の特徴として、「赤ちゃんの生活リズムをママが徹底的に管理する」といったもの。授乳時間もママが決めます。また、赤ちゃんをパパ・ママとは別の部屋で1人で寝かせることが推奨されています。

今回、私が出会ったのは、清水悦子さんの「赤ちゃんにもママにも優しい安眠ガイド」

「この本は、ジーナ式のパクリだ!」といった口コミもみかけましたが、考え方は似ているものの、ジーナ式と違う点は、

  • 赤ちゃんに合わせてスケジュールを調整する
  • 赤ちゃんが安心できる「添い寝」を推奨している

ことでした。

そして、実際にねんねトレーニングを実践してみて、
「ジーナ式のパクリだろうが、なんだろうが、結果良ければ良いじゃん!」ということ(笑)

 

そして、私がねんねトレーニングの参考にさせてもらった本がこちら↓

さてさて、この安眠ガイド本を手に入れて、私が実践したことをご紹介します😊

朝7時には起きて、夜9時には寝る

人間の体内時計は、24.5時間ほどで、地球時間(24時間)とズレがあります。
ズレた状態にしておくと、昼夜逆転の生活になってしまうそうです。

よって、そのズレを修正するために、体内時計をリセットする必要があります。

リセットする方法は、毎日決まった時間に起きること

夜寝る時間を変えるのではなく、まずは起きる時間を決めることで、自然と夜も眠くなる時間が決まってきます。

ですので、まずは、

朝7時には起きて、夜9時には寝る

朝はカーテンを開けて、明るく!夜は部屋を暗くして静かな環境にする。

ことを実践しました。

体内時計をリセットするには、朝日を浴びることが大切なようです👍

 

そして、生後3〜4ヶ月頃には、昼夜の区別がつくようになってくるため、この頃には、早寝早起きの習慣をつけないといけないと言われています。

ですので、私自身、睡眠に対して、何とかしようと思った時期がちょうど良い時期だったんだなぁと思っています。

私は子育てで、何か問題が出た時。
すぐに何とかしようと対策を調べて、対応してきたのですが、
だいたいどの出来事も良い方向に進んでします。

何事も早く対処する方が良いってことですね😊

 

そして、「朝7時には起きて、夜9時には寝る」

これを実践した結果、かなり効果がありました‼️

眠そうにしていても、朝7時には起こすようにし、始めはぐずぐず眠そうにしていました。
しかし、1週間もすると徐々に慣れてきて、夜8時前になると自然に眠くなり、寝かせないと大泣きするように‼️

おかげで夜の外出はしばらく厳禁になってしまいましたが、子どもの成長のためにも睡眠をしっかりとることは大事と自分に言い聞かせていました(笑)

昼間活動的に過ごして、昼夜の区別をつける!

先ほど、体内時計をリセットするには朝日を浴びること‼️

と述べましたが、体内時計をリセットして、昼夜の区別をつけるためにも、日中はカーテンを開けて、活動的に過ごすことが大事😊

ということで、

天気の良い日は、ベビーカーで散歩に。
散歩に行けない日は、買い物に出かけるなど、日中は活動的に過ごすようにしました。

 

毎日、散歩に行くってなると、確かにちょっと大変ではありますが、外に出て陽の光を浴びることでママの気分転換にもなりますよ♪♪

小さいうちからお出かけをたくさんしていると、赤ちゃんもお出かけすることに慣れてくれますし、ベビーカーや抱っこ紐にも慣れてくれるので、一石二鳥いや三鳥です👍

おかげで息子はお散歩が大好き♡
抱っこ紐やベビーカーに乗ることも嫌がらないので、とっても楽です♡

ただ、毎日お出かけしなくちゃ!と思わなくても大丈夫です👍

疲れた時は、行かない日があっても、もちろん大丈夫ですよ♪

お風呂の時間は夜寝る2時間前に!

人は、体温が下がる時に眠くなります。

よって夜遅くにお風呂に入ることは、反対に寝つき悪くするんですね💦

調べた結果、お風呂に入るベストタイミングは寝る2時間前とのことで、
我が家では遅くても6時にはお風呂に入るようにしました。

幸い我が家は、パパの帰りが早い方で、6時に帰ってくることもあるのですが、
無理な日は、1人でお風呂に入れるように工夫しました。

1日のタイムスケジュールを決める

そして、1日のタイムスケジュールを決めるとスムーズにいきます。

こちらは本に書かれていた内容ではありませんが、私自身が、仕事をしながら保育の勉強をしてきて得た知識の一つ。

赤ちゃんだけでなく、子どもは小さければ小さいほど、1日の流れが決まっている方が次の行動が予測できるので、抵抗なく次の行動に移ることが出来るんです😊

大人は毎日同じ行動をすると退屈になってきますが、

子どもは同じことの繰り返しの方が安心できるんですね😊

睡眠に関しても、同じ。毎日同じ時間に寝る習慣をつけることで、スムーズに眠りにつくことが出来るようになるんです😊

ですので、1日のタイムスケジュールをある程度決めておくことをおすすめします👍

そして、実際に我が家で実践してみて感じたこと。

授乳のタイミングは赤ちゃんに合わせるので、1日のスケジュールを決めるなんて難しいかなと思いましたが、起きる時間が決まってくると自然と授乳のタイミングも同じになりました。
すると、散歩やお風呂、大きくなってくると離乳食の時間なども、自然と決まってきたのです👍

そして、赤ちゃんの行動が決まってくると、ママの行動も決めやすくて良い効果がありました♪♪

安眠ガイド本では、2〜3ヶ月毎のタイムスケジュール例を掲載してくれているので、これを参考にスケジュールを立てることができました👍

この本で一番参考になったポイントです♪♪

まとめ

以上、我が家がねんねトレーニングを始めた、3ヶ月頃に実践した内容をお伝えしました。

実践してみて感じたことは、
ねんねトレーニングを始めるのは、出来るだけ早い時期が良いこと‼️

口コミなどにもありましたが、大きくなってからだと赤ちゃんの意志が出てきて、「寝たくない!」と泣いて抵抗することが多く、スムーズにいかないことで、トレーニングをやめてしまうママも多いからです。

意志が出てきても、寝る習慣がついていると子どもは抵抗することなく眠りについてくれるようになりますよ♪

ですので、思い立った日が吉日!

赤ちゃんが寝なくて困っていると感じているママさんには、ぜひ今日からでも行動に移してもらえたらなぁと思います😊

一気に全てをする必要はありません。

まずは、朝7時に起こすようにするなど、出来ることから一つ一つ進めていけば大丈夫です👍

私自身も、トレーニングを進めながら、徐々に良くなっていった感じでした。
全てが上手くいくまでは、6ヶ月はかかったと思います。

ねんねトレーニングには忍耐も必要なので、焦らず、ママと赤ちゃんのペースでゆっくり進めていってくださいね😊

そして、今回ご紹介した内容はほんの一部。

次回は、お昼寝のスケジュールや寝かしつけについてなどご紹介したいと思っています😊

スポンサーリンク

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です